子供の薬の飲ませ方のコツ

母親にとって子供が病気で苦しそうにしている時ほど辛いことはない。病院にいる看護師さんにとってもそれは悩ましいことでしょう。なるべく早く治してあげたいと思うものです。しかし、子供は薬を飲むのを嫌がってしまう場合が多いです。母親はどのようにして薬を飲ませようかあれこれ考え苦労します。そこで少しでも薬を飲みやすくするためのコツを、私の経験から少し紹介したいと思います。子供の薬は主にシロップと粉薬です。シロップはスプーンで少しづつ飲ませ、あとは白湯や水を飲ませ口の中をさっぱりさせます。スポイトで飲ませるのもスプーンが苦手な子にはいいかもしれません。粉薬は少量の水で溶き、スプーンで2、3回に分けて飲ませます。これで飲まないというなら、ゼリーやヨーグルトなどと混ぜてみましょう。ここで気をつけたいのは、混ぜる物はなるべく少量にして、子供が食べ残さないようにすることです。そして薬はゼリーなどで包むような形にして、口に入れた時、ゼリーの味がしてそれを一気に食べることにより、薬の味がなるべくしないようにしてみます。食べ物に混ぜる時には、薬によっては混ぜてはいけない食べ物もあるので、医師に相談しておくと良いでしょう。それから薬の飲みやすい環境にしてあげることも必要です。お気に入りのぬいぐるみなどがあれば、「タンタンもかぜひいちゃった。どうしょう?おくすりのんでくれるかな?」とぬいぐるみに薬を飲ませる振りをし、「すごい、ちゃんとのんでくれたね。これでよくなるね。よかったね。」と飲めば病気が良くなることをイメージさせてみましょう。あの手この手と苦労しましたが、大きくなるにつれ、きちんと薬は飲んでくれるようになります。

Posted by admin in 未分類

コメントをどうぞ

  Some XHTML allowed.